聖母アンマの祝福

「聖母マリアの秘密」が、南インドの聖者である「聖母アンマ」から「祝福」を頂いた出来事についてご紹介します。

 

 ☆ ☆ ☆

 

2014年1月12日、私の夢に、南インドのケララ州におられる女性の聖者である「聖母アンマ」(マーター・アムリターナンダマイー)が現れてこられました。

白い衣を着ておられるアンマは、私の前に浮かんでおられ、黙って私を見下ろしておられました。

しばらくして、私は夢から目が醒めて、起きました。そして、夢に聖母アンマが突然現れてこられたことを不思議に思いました。

私は、聖母アンマの本を読んでおり、アンマが毎年日本に来られて、多くの日本人の方たちに「抱擁のダルシャン」を与えておられるのを知っていましたが、私自身は抱擁を受けたことも無く、それほど深い関心をもっていなかったのです。

 

それから1週間が過ぎた朝のこと。目が覚めた時、私の前にアンマがおられたような不思議な感覚を覚えました。その瞬間、私は思いました。

「聖母アンマが1週間前に夢に出てこられ、今度はエネルギー体で来られた。これには一体どういう意味があるのだろう?」

 

私はこの一週間に起きた出来事を振り返り、アンマから「インドに来るよう」に呼ばれているような気がしました。

その強い感覚は変わることがありませんでした。

それで、2ヶ月後の2014年3月、ケララ州にある聖母アンマのアシュラム(修行の場・僧院)を初めて訪れ、3週間ほど滞在しました。

 

そこで私は、全く思いもよらなかった、霊的な祝福に満ちて、非常に充実した時を過ごすことになりました。

 

ダルシャンの時、聖母アンマは「聖母マリアの秘密」の原稿に口づけをして、祝福して下さいました。

それは、「聖母マリアの秘密」が世に出ることを神様が祝福して下さっていることを示す、大変有り難い「しるし」といえるものでした。

 

聖母アンマのアシュラムでの出来事を簡単にまとめました。

どうぞ、お読み下さい。

 

pdf 「聖母アンマの物語」:菊谷泰明.pdf (0.16MB)

 

 

 

今日の予定