インフォメーション

2019年5月12日(日)に、バチカンから発信されている「バチカンニュース」において、ローマ教皇フランシスコが「聖母マリアのご出現」が続いている「メジュゴリエへの巡礼」を「公式に許可」されたことが伝えられました。

この許可は、5月12日に、メジュゴリエの教会で行なわれた「ミサ」の中で、バチカンから派遣された大司教たちによって公表されました。

つまり、教皇フランシスコによって、キリスト教徒の方たちがメジュゴリエに巡礼することは「良いこと」であると、公式に許可されたのです。

これによって、世界中のキリスト教徒はもちろんのこと、すべての方々が、メジュゴリエで起きている聖母マリアのご出現という「良い出来事」を公に体験し、祈りを捧げることができるようになりました。

したがって、教皇からの許可が出されて最初となる、今月、6月25日(火)の「メジュゴリエの聖母マリアのご出現記念日」には、これまでよりさらに多くの巡礼者達が世界中から訪れて、お祝いされ、お祈りが捧げられることになるでしょう。

 

今日の予定